Category Archives: セガのカジノゲーム

歴史でたどるセガのカジノゲーム

カジノは広告を必要としません。カジノに人々を引き付けるには、ラスベガスの大通りのイメージだけで充分です。時代は移り変わり、テクノロジーの進歩も、その速度を更に加速しています。イノベーションがギャンブルの分野において、大きな魅力となっており、アクセスが容易なデバイスで、運を試すあらゆる機会が求められています。すべてがデジタル プラットフォームに移行している中でカジノもその例外ではなく、開発者はオンラインゲームへの切り替えを積極的に進めています。 セガは世界で最も有名なビデオゲームの1つである、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の生みの親です。長い間世界の主要ビデオゲーム開発者のリストに名を連ね、カジノゲーム業界トップのクリエイターとなりました。パチンコ開発の主要会社であるサミーは、数年前にセガと合併し、以前から、そして今もなお魅力的なビジネスであるカジノゲームに注目しています。ゲーム開発者としての始まりから、ビデオゲームとオンラインギャンブルの両方の分野における現在の地位を築き上げまでの、セガの歴史を見ていきましょう。 セガの沿革 文化的重要性と革新性を併せ持つセガは、日本で設立されました。セガの製品が他の国のゲーム分野を独占するようになったのは20世紀、終わりのことでした。その後、このよく知られた会社の成長を妨げるものは、何もありませんでした。世界で最初にリリースされたシステムはマスターシステムですが、SG-1000がセガの最初の作品です。SG-1000は1983年半ばに日本のみで発売された最初の商用家庭用ビデオゲーム機です。 Atari 2600やオデッセイとは異なりSG-1000のライブラリーは小規模でしたが、その時期の大衆を満足させるのには、数種類のパチンコゲームで充分だったのです。発売から数週間後、パチンコにはひどいバグが見つかったため、永久に使用が禁止されることとなりました。ソフトウェアに急遽変更を加えることができなかった時代であり、会社はプロジェクトを諦めざるを得ませんでした。パチンコ2は、前作のバグが修正された後に発売されました。巧みな仕組みのゲームでしたが、基本的にはシンプルなものでした。 マスターシステム セガはSG-1000の3年後に北米で最初にマスターシステムを発売しました。しかし、セガが本物のポーカーゲームをマスターシステムで仕上げるのには、数年を必要としました。それまでは、1989年に米国でリリースされたカジノ・ゲームが使われていました。ブラックジャック、スロットマシン、ポーカー、バカラが最も人気のあるゲームであり、広く普及するようになりました。その後セガマガジンが立ち上げられ、57%の評価を得て同社に大きなブームをもたらしました。ゲームギアは1994年に発売されたセガのポーカー関連ゲームの1つで、その後シーザーズ・パレスがそれに続きました。